事例014 首・腰・手首の障害14級 | 宇都宮後遺障害弁護士.com

後遺障害弁護士.com

弁護士法人 宇都宮東法律事務所

0120-624-025 受付時間:平日 9:0019:00 ご相談予約はこちら 24時間受付中

相談料0円・着手金0円・弁護士費用特約ご利用可

解決事例14

ご通院期間中からサポートを行い、後遺障害14級が認定され、裁判基準で認定された事例

事故態様①
(被害者 対 加害者)
車対車
事故態様② 側面衝突
事例の特徴 示談交渉
争点 その他
属性 栃木県・20代男性・会社員
症例・受傷部位 首・腰・手首
後遺障害等級・死亡事故 14級
保険会社名 東京海上日動火災保険株式会社
弁護士費用特約あり・なし あり
保険会社提示額 最終示談金額 増加額
504万円

交通事故の状況

信号機のない交差点において優先道路側を被害者様が直進中、左方から交差点に進入してきた加害車両に衝突されました。

ご依頼内容

腕に激しい痛みを感じ、日常生活にお困りでした。

対応内容と成果

事故に遭われてから約1週間後に当事務所へご相談に来られ、車両の修理費が170万円以上と大きな事故であったことから、サポーターやコルセットを装着されていました。

当面の間はご通院に専念いただき、症状固定の頃に後遺障害申請や示談交渉等を本格的にサポートさせていただくことになりました。

ご相談の後は、被害者様へこまめに治療状況の確認を行い、治療の内容や相手保険会社との連絡についてご不安に感じていることがないかを伺い、サポートいたしました。

治療を続けていただきましたが、右手首については、痛みが残っていたため、後遺障害申請を視野に入れ、被害者様と再度打ち合わせを行いましたところ、後遺障害申請を方針となり、症状固定時には当事務所のスタッフが病院へ同行させていただきました。

右手首の痛みについて、他覚的な所見が症状固定時には既になくなっていたものの、後遺障害申請のサポートをさせていただいた結果、後遺障害14級9号に該当しました。

相手方保険会社は、示談交渉の際、後遺障害の慰謝料や逸失利益について、最低限の賠償額である自賠責基準の金額で当初は主張していましたが、本件事故後の依頼者様の収入資料等を提出し、交渉を続けたところ、裁判で認定される額と同等の高い賠償水準が認められました。

被害者様からも思っていた額よりも高い賠償金だったとお喜びいただけました。

総括・コメント

被害者様へご通院状況についてこまめに伺っていたことや、症状固定時には病院へ同行し、主治医の先生と直接お話しできたことで、目標としていた後遺障害等級認定までの手続をスムーズに行うことができました。賠償金についても、何度も交渉を重ねた結果、裁判等の手続を利用せずに、被害者様に喜んでいただける金額をお受け取りいただくことができました。

その他の解決事例