事例006 死亡事故 | 宇都宮後遺障害弁護士.com

後遺障害弁護士.com

弁護士法人 宇都宮東法律事務所

0120-624-025 受付時間:平日 9:0019:00 ご相談予約はこちら 24時間受付中

相談料0円・着手金0円・弁護士費用特約ご利用可

解決事例6

年金支給開始前の被害者に対し、年金受給見込み額を請求した事例

事故態様①
(被害者 対 加害者)
単車対車
事故態様② 接触
事例の特徴 示談交渉
争点 逸失利益
属性 栃木県・60代前半男性・会社員
後遺障害等級・死亡事故 死亡事故
弁護士費用特約あり・なし あり
保険会社提示額 最終示談金額 増加額
3,000万円 4,700万円 1,700万円

交通事故の状況

バイクで直進中に左方より加害車両がきて接触したもの。

ご依頼内容

ご遺族の方としては、慰謝料、逸失利益に関し、きちんとした賠償を受けたいとの思いでご来所いただきました。

対応内容と成果

被害者の方は60代前半で、会社員だったため、会社員としての逸失利益、そして年金支給開始年齢未満の方ではありますが、年金受給見込み額を上乗せして交渉することになりました。 まず会社員の逸失利益は、被害者が事故より少し前に転職をしていたことなどから、弊所にてご勤務先と連絡を取り、必要な資料を集めました。

事故前年より転職後の方が年収が高くなる見込みであり、ご勤務先からいただいた資料をもとに年収を推測し、根拠づけて相手方保険会社に主張していきました。 結果として弊所介入から約3カ月で、死亡慰謝料は訴訟を提起した場合と同等、ご遺族の方にご満足いただける金額で示談ができました。

総括・コメント

一般的に弁護士が介入すると時間がかかることも多いのですが、本件では、逸失利益の面でも争点が多岐にわたっていたにもかかわらず、早期に示談をすることができ、弁護士としても非常に満足のできる解決を行うことができました。

その他の解決事例