後遺障害弁護士.com

後遺障害弁護士.com

弁護士法人 宇都宮東法律事務所

交通事故で不幸にも親族を亡くされた方、
高次脳機能障害など重度の損傷を負った方へ

死亡事故や重傷事故に強い弁護士が
「適切な後遺障害認定」
「最大限の賠償金の獲得」
を徹底サポートいたします。

今なら初回60分無料相談受付中!

POINT01

死亡重傷事故 ノウハウ及び
取扱件数
トップクラス

POINT02

相談料着手金 無料

POINT03

完全 成果報酬

重大事故の被害者様・ご遺族様への
6つのお約束

  1. 適切な後遺障害認定を獲得します
  2. 最大限の賠償金獲得をサポートします
  3. 最大限の治療の継続をサポートします
  4. お客様の代わりに徹底的に戦います
  5. 相談料・着手金は一切いただきません
  6. 賠償金を増額できなければ無料です

解決事例紹介SETTLEMENT

外傷性くも膜下出血、右肩関節挫傷、腰椎捻挫

賠償金14万円の提示後、高次脳機能障害が認定され3,640万円が補償された事例

保険会社提示額
14万円
後遺障害等級
14

交渉サポート

解決額
3,640万円
後遺障害等級
7

3,640万円
アップ

左肩関節捻挫、右手関節捻挫等

他事務所が妥当と判断した非該当結果を異議申立てし、併合14級を獲得した事案

保険会社提示額
72万円
後遺障害等級
非該当

交渉サポート

解決額
368万円
後遺障害等級
14

296万円
アップ

解決事例一覧

等級の種類GRADE OF DISABILITY

解決までの流れFLOW

  1. 60分無料相談
    お客様が現在困っていることなどについて、弁護士がお電話で詳しくヒアリング。実際に弁護士に依頼すべきかどうか、現時点で弁護士がお手伝いできることは何かについて、お客様へご説明します。もちろん、ご来所いただき、対面でお話させていただくこともできます。
  2. ご契約
    実際ご依頼いただくことが決まれば、契約書を取り交わします。この時点で、弁護士はお客様の代理人となって、相手方保険会社の窓口となることができます。これで、面倒なやりとりは全て弁護士に任せることができます。
  3. 治療を続ける
    おケガをされた方は、治るまで定期的に病院へ通院し治療を続けましょう。
  4. 後遺障害の
    認定を受ける
    治療を続けていても、症状が一進一退の状態となったとき「症状固定」となります。
    完治せずに症状が残ってしまった場合は、被害者が適切な等級認定を受けられるように、弁護士が後遺障害認定手続きをお手伝いします。
  5. 示談交渉
    治療が終了した段階で後遺障害が残っていなかった場合や、実際に後遺障害等級が認定された場合には、いよいよ示談交渉へ入ります。被害者ご本人が交渉する場合とは異なり、弁護士が交渉する場合には、慰謝料の基準でも一番高額な裁判所基準で交渉していきます。
  6. 示談成立
    無事に示談がまとまれば被害者の方に示談金が支払われます。
    これで事件解決です!
  7. 紛争処理センターや
    裁判へ
    もし、話し合いだけで示談がまとまらなければ、紛争処理センターという第三者機関や裁判手続を利用することにより解決を目指していくことになります。

代表ごあいさつMESSAGE

適正な後遺障害等級認定の獲得に
自信を持っています

初めまして。弁護士の伊藤一星(いとういっせい)です。宇都宮東法律事務所の最大の強みは、皆様に適正な後遺障害等級認定を獲得してもらうために万全の体制を整えていることです。

適正な後遺障害等級を獲得するには、後遺障害があることを証明できる医学的資料を用意するのが重要です。当法律事務所では、県内有数の検査設備が整う病院、MRIなどの画像鑑定を得意とする医学専門の調査機関と連携を組んでいるため充実した証拠資料を作成できます。

代表ごあいさつ

また、我々自身も後遺障害等級認定に関する独自のノウハウを備えています。例えば、適正な後遺障害等級を獲得するためには正しく通院することが大切です。いつから通院をはじめたらいいのか、どれぐらい通院すればいいのか、どのような検査を受ければいいのか、どのように医師に症状を伝えるべきなのか、これらすべて細かくアドバイスできます。

後遺障害等級認定について専門的知識を有している事務所は多くはありません。適正な後遺障害等級認定を希望しているのであれば、ぜひ当法律事務所に一度ご相談ください。