事例013 頚椎・腰部の障害14級 | 宇都宮後遺障害弁護士.com

後遺障害弁護士.com

弁護士法人 宇都宮東法律事務所

0120-624-025 受付時間:平日 9:0019:00 ご相談予約はこちら 24時間受付中

相談料0円・着手金0円・弁護士費用特約ご利用可

解決事例13

相手方保険会社主張の逸失利益喪失期間より3年分増額

事故態様①
(被害者 対 加害者)
車対車
事故態様② 側面衝突
事例の特徴 示談交渉
争点 逸失利益
属性 栃木県・60代女性・主婦
症例・受傷部位 頚椎捻挫・腰椎捻挫
後遺障害等級・死亡事故 14級
保険会社名 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
弁護士費用特約あり・なし あり
保険会社提示額 最終示談金額 増加額
なし 205万円

交通事故の状況

進路変更により側面接触され、横転したもの。

ご依頼内容

頸椎捻挫の影響により腕に激しい痛みを感じ、日常生活にお困りでした。

対応内容と成果

少し遠方のご通院先でしたが、症状固定の際に病院に同行し、医師と面談をした上で、後遺障害診断書をご記入いただきました。

無事後遺障害14級該当となりましたが、その後相手方保険会社より提示された逸失利益喪失期間は2年(67歳まで)と短いものでした。

そのため、逸失利益については、ご依頼者様にもご協力をいただき、家事や生活への影響を書面にまとめて提出し、会社員ではなく主婦としての損害として、67歳以降についても、逸失利益が存在する旨を主張し、粘り強く交渉しました。

交渉の結果、逸失利益につき労働能力喪失期間の終期とされている67歳を超えた分(5年分)まで認定となりました。

総括・コメント

ご依頼者様が兼業主婦であったため、会社員ではなく、主婦による逸失利益を算定の基準とすべきとしたことで、67歳を超えて、逸失利益を獲得することができました。

その他の解決事例