事例008 上肢機能障害併合5級 | 宇都宮後遺障害弁護士.com

後遺障害弁護士.com

弁護士法人 宇都宮東法律事務所

0120-624-025 受付時間:平日 9:0019:00 ご相談予約はこちら 24時間受付中

相談料0円・着手金0円・弁護士費用特約ご利用可

解決事例8

後遺障害申請よりサポートした結果、併合5級が認定。約7200万円の逸失利益を獲得した事例

事故態様①
(被害者 対 加害者)
単車対車
事故態様② 側面衝突
事例の特徴 示談交渉
争点 逸失利益
属性 栃木県・30代男性・会社員
症例・受傷部位 左腕神経叢損傷・肩甲骨骨折・鎖骨骨折・左鎖骨下動脈損傷・左第3指末節骨開放骨折
後遺障害等級・死亡事故 併合5級
保険会社名 あいおいニッセイ同和損保
弁護士費用特約あり・なし あり
保険会社提示額 最終示談金額 増加額
10,156万円

交通事故の状況

信号機のない丁字路交差点をバイクで走行中に、対向車線から右折してきた車と衝突。

ご依頼内容

事故から4年弱が経過し、症状固定のタイミングでご相談にいらっしゃいました。既に後遺障害診断書の作成を主治医に依頼されており、今後発生の賠償交渉をお願いしたいとのことで当事務所にご依頼いただきました。

対応内容と成果

後遺障害の申請を保険会社を経由して行う予定とのことでしたが、適切な等級認定を受けるためには申請時からのサポートが大切だと考え、申請からお任せいただくことにしました。 申請にあたっては、初診から症状固定までの診断書や検査資料を精査し、等級認定が見込める傷病の洗い出しや等級認定要件の調査を行いました。その上で主治医作成の後遺障害診断書を確認の上、不足部分について加筆を依頼しました。 特に腕神経叢損傷の場合、損傷を受けた神経の範囲・損傷の程度の客観的証明が重要となるため、この点をポイントに依頼を行いました。

申請の結果、各部位が狙い通りに等級認定され、併合5級が該当となりました。その後、本等級に基づき相手保険と交渉を行いました。 通常争点となる逸失利益ですが、ご依頼者が若年労働者(事故時概ね30歳未満)となることから、将来的に事故当時の収入額以上の金額が得られる可能性を鑑み、算出時の基礎収入を賃金センサスの全年齢平均をベースに主張しました。 労働喪失期間も最大となる67歳までを主張したところ、結果裁判基準満額の約7200万円が認定されました。また、その他損害も裁判基準満額と適正な金額での示談となりました。 本件は等級5級と重い障害が残る事案でしたが、等級認定通知受領から示談まで約3ヶ月と早期解決に成功しました。

総括・コメント

受傷部位が多く、後遺障害としても複雑な問題がありましたが、想定どおりの後遺障害の認定を受けることができました。 賠償面においても、早期解決を望む依頼者の意向に沿いながらも裁判基準と遜色ない金額での示談ができ、非常に満足のいく解決ができました。

その他の解決事例