むちうち > 部位・症状別 > 等級認定 | 宇都宮後遺障害弁護士.com

後遺障害弁護士.com

弁護士法人 宇都宮東法律事務所

むちうちとは?
症状や治療法と後遺障害等級認定の慰謝料相場について

交通事故で負う障害の代表的なもののひとつに、「むちうち」があります。よく耳にすると思いますが、実は総称であり医学的な名称ではありません。また、後遺症認定においては立証が難しく、後遺障害として求められにくいものでもあります。
ここでは、むちうちの症状や代表的な治療法に加え、後遺障害認定について解説します。

むちうちとは?

むちうちとは、事故で首(頚椎)に強い力が急激にかかることで、ムチのような動きをすることで起こる症状です。首の捻挫をイメージすると近いかもしれません。診断名はむちうちではなく、「頚椎捻挫」「外傷性頚部症候群」、「頚部挫傷」、「頚椎神経根症」、「頚椎椎間板ヘルニア」、「脊柱間狭窄症」などと記載されることが多くなります。

足の捻挫などであれば筋肉が一時的に傷むだけで、一定期間が過ぎれば痛みもなくなり完治します。しかし、重い頭部を支える首はもともと大きな負担がかかっていることに加え、背骨と共に走っている脊髄を傷つけることになります。これが、一時的な痛みだけに収まらない原因となるわけです。

また、むちうちになったことで「バレーリュー症状」と呼ばれる症状に悩まされる方も多くいます。これは、自律神経失調症状のことで、頭痛や吐き気、めまい、ふらつき、倦怠感、疲労感などを指します。

さらに厄介なのは、事故直後には症状がなくても、後になって異常を感じ慢性化したり、天気や湿度によって症状を感じたりする方が多い点です。違和感を覚えたらできるだけ早期に診察を受けるようにしてください。

接骨院ではなく、整形外科を受診する

整骨院などの看板には、むちうちに対応していると書かれているところもありますが、後遺症認定を考えるのなら、まずは整形外科を受診することが基本です。痛みを感じていなかったとしても整形外科に行き、レントゲンやMRIの検査を受けるようにしてください。

なぜなら、整骨院では後遺障害認定審査に必須となる「後遺障害診断書」の作成ができないからです。整骨院で施術をしている人は柔道整復師であり医師ではありませんので、後になって困らないようにしてください。

むちうちの主な治療法

むちうちの治療は、次のようなものがあります。

  1. 1.薬の服用
  2. 2.ブロック注射
  3. 3.理学療法

薬は、消炎鎮痛剤(痛み止め)や頭痛を改善するための薬を処方されます。ドラッグストアで購入するのではなく、医師に処方してもらってください。飲み薬だけでなく、湿布薬なども医師に言って出してもらうとよいでしょう。

ブロック注射は、痛みを感じる部分の神経周辺に局所麻酔薬を注射するものです。痛みが伝わる経路をブロックすることから、ブロック注射と呼ばれます。痛みが緩和されれば血流が改善し、筋肉のこわばりもなくなります。

理学療法は、熱や電気、振動等の刺激で改善を促す物理療法と、体を積極的に動かすことで症状や運動機能の回復を促す運動療法があります。

むちうちの治療期間

むちうちの治療期間は3ヶ月程度の方が多いようです。ただし、症状は個人差も大きく、後遺障害認定を受けるために必要な症状固定は、医師の判断で行うようにしてください。

治療中に任意保険会社から、「そろそろ治療を終える時期だ」などと言われても従う必要はありません。

後遺害等級認定の慰謝料相場

後遺障害等級自賠責基準弁護士基準
局部に神経症状を残すもの14級9号32万円110万円
局部に頑固な神経症状を残すもの12級13号94万円290万円

むちうちで認定される可能性のある後遺障害等級は14級と12級ですが、ほとんどの場合は14級となります。

まれなケースとしては、症状が重度の場合、「神経系統の機能または精神に障害を残し、服することができる労務が相当な程度に制限されるもの」として認定を受け、9級10号となる可能性もあります。